高血圧 下げる サプリ

高血圧を下げるサプリランキング@買って飲んでみました

●高血圧を下げるサプリメントを買って評価してみました。

 

高血圧を改善するためには、運動とバランスの良い食事が大事です。ですが、それは当然言うほど簡単なことではありません。
ですから、高血圧を改善するためにはサプリメントを使ってみるのが良いとされています。EPAとDHA。これらは多価不飽和脂肪酸の仲間であり、高血圧を改善する効果があると言われています。

 

「多価不飽和脂肪酸をたくさん摂取すると高血圧がダウンする」という風な研究報告が2014年版の高血圧治療ガイドラインにおいても、複数紹介されているようです。

 

ちなみに、EPAやDHAには血液のドロドロを改善したり、中性脂肪値を改善したりして、動脈硬化を遠ざける作用もあると言われています。そのため、糖尿病や高血圧症、そしてそれらが招く狭心症や心筋梗塞も防止してくれると見られています。

 

実際、EPAとDHAの目安摂取量を厚生省も設定しています。これはもう、厚生省が「糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞等を防ぐためにもEPAやDHAを摂りましょう!」と言っているようなものですよね。しかし、だからと言って魚料理を毎日コツコツ用意・摂取するのは大変です。そこで役に立ってくるのが「EPA・DHAサプリ」です。今回はその内から、評価の高い順に挙げていこうと思います。

 

高血圧を下げるサプリを摂取する前に気を付ける点は3つあります。

程良い運動と適切な食生活が大大前提です。塩分を控えた食事を意識しましょう。
高血圧の中には生活習慣以外の原因が隠れていることがあります。二次性の高血圧と本態性の高血圧があるので、まずは医療機関で診てもらいましょう
サプリはあくまでサポート役です。補助食品としては考え、メインの食生活の改善を心がけましょう。

これらのことをきちんと踏まえた上で高血圧を下げるサプリメントを摂取しないと、本当の高血圧対策にはなりません。ぜひ高血圧を下げて、病気知らずの健康な生活を送りましょう。

高血圧下げるサプリ,高血圧サプリ,高血圧サプリメント,血圧を下げるサプリ

高血圧を下げるサプリはDHA,EPA,クリルオイル配合の【さくらの森 きなり】の特徴

【きなり】EPAやDHAがたっぷり入ったサプリメントで高血圧を下げる。その魅力は?

検診で血圧が高めと言われた方からの評判が良いサプリメントです。

現代人の大半にとって足りていないEPA・DHAがトータルで500ミリグラム入っており、血管もケアしてくれるサプリメントです。現時点で累計40万個を超えて出荷していて、多くの方に支持されていることが分かります。

運動習慣と食事習慣を整えつつ、きなりにもサポートしてもらいましょう。1日で高血圧を下げることはできません。減塩、運動、補助でサプリ。この「コツコツ」が大事です!

さくらの森きなり おすすめポイント


ビタミンB群、E、アスタキサンチン、ナットウキナーゼ等がたくさんの成分が入っている
安いのにEPAとDHAが500ミリグラムも入っている。コスパが良い。
クリルオイル含有なので吸収率の高いDHA,EPAが含まれている。
栄養ドリンク並からそれ以上にビタミンB群が入っており、朝の寝起きや疲れに効果的。
高血圧を下げたいけれど、まだ薬は必要ないと言われたなら、生活習慣改善にさくらの森きなりを活用してみてください。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 税込・送料無料

高血圧下げるサプリ,高血圧サプリ,高血圧サプリメント,血圧を下げるサプリ

高血圧を下げるサプリは混じりっけなしの【大正製薬DHA、EPA】の特徴

高血圧を下げる効果が期待されるEPA・DHAがたっぷりの大正製薬の高血圧サプリメントの魅力

「大正DHA・EPA」は、これまでのEPA・DHAサプリメントの効き目に満足できなかったり、継続できなかったりしてきた方々に特に向いています。
では、このサプリメントは普通のEPA・DHAサプリメントと主にどこか異なるのでしょうか。
大正DHA・EPAには、何と600ミリグラムものEPA・DHAが入っています。

大正製薬DHA,EPAのおすすめポイント


何と一袋にEPA200ミリグラム・DHA400ミリグラム
酸化を防いでくれる個別、アルミ包装
リポビタンDなどで有名な大手一流メーカーだから安心感が桁違い
個別包装(アルミ使用)で、EPA・DHAの酸化を遠ざけてくれます。そして、個別包装ですから携帯もしやすく、摂取のし忘れもしにくいはずです。
また、大正製薬のオリジナルのテクノロジーが最大限活かされた「溶解性の高いカプセル」。なので、飲んですぐに溶け、EPAやDHAを効率良く吸収することが可能です。EPAやDHAが豊富に含有されているのに、飲むときには生臭さが全くないのも魅力です。

大正製薬のDHA,EPAサプリメントは定期便であればたった1000円からスタート可能です。

価格 1000円
評価 評価4
備考 送料無料、税別、定期コース
高血圧を下げるサプリは混じりっけなしの【大正製薬DHA、EPA】の総評

日本人が魚を食べる量は年々減っています。そして、EPAやDHAを代表とする必須脂肪酸は身体の中で生成できない栄養素です。ですから、本当は青魚から摂取するくらいしか方法が無いんです。 しかし、EPAとDHAをトータルで600ミリグラム確保したいのであれば、「マアジ90グラム」ですとか「クロマグロ5人分(刺身で)」を摂取しなければならず、毎日継続するのはとても無理な量です。 ですから、EPA・DHAをパパッと摂るためにも、大正DHA・EPAに補助してもらうのが有効になってきます。通常価格は4000円(税別・1か月分)ですが、納得定期コースであれば、初回限定1000円(税別)で開始することが可能です。実に75パーセントオフですね。 まずは、3ケ月間継続してみましょう。

高血圧下げるサプリ,高血圧サプリ,高血圧サプリメント,血圧を下げるサプリ

高血圧を下げるサプリ サントリーのDHA,EPAはセサミン入りの特徴

有名メーカーのサントリー発のサプリメントですから安心感があります。サントリーのお家芸の「セサミン」をEPA・DHAにプラス。 サントリーのEPA・DHAはやや価格が高いですが、セサミンも確保できるという魅力があります。

DHA・EPAにセサミンをプラス
サントリー発のサプリメントだから信頼できる
DHA,EPAに加えて、ゴマの健康成分であるセサミンも摂りいれて元気な生活を送りたい人におススメです。

価格 4950円
評価 評価3.5
備考 税別・送料無料

高血圧下げるサプリ,高血圧サプリ,高血圧サプリメント,血圧を下げるサプリ

DHA、EPA高配合のニッスイイマークSはトクホで中性脂肪も下げるの特徴

価格 1000円
評価 評価3.5
備考

高血圧下げるサプリ,高血圧サプリ,高血圧サプリメント,血圧を下げるサプリ

小林製薬の高血圧を下げるサプリはDHA,EPAにナットウキナーゼを配合の特徴

価格 1134円
評価 評価3.5
備考 税込み・送料無料

 

●EPA・DHA含有の高血圧改善サプリメントの特徴&詳細比較 10アイテム分
10アイテムの成分量や値段などを比べています。
EPA・DHA含有の高血圧改善サプリメントの特徴&詳細比較はこちら

 

EPAやDHAの高血圧を下げる効果の科学的根拠に関して

まず、治療ガイドライン(日本高血圧学会)には、以下の旨の記述があります。
「高血圧の方に、不飽和脂肪酸やたんぱく質が豊富な食生活を送ってもらったところ、炭水化物が豊富な食生活を送った場合よりも血圧がやや改善して、メタボの危険性も下がりました」
〜2014年版高血圧治療ガイドライン 42ページより〜
ちなみに、魚油に入っているEPAやDHAの他には、ナッツ類(くるみ等)、オリーブオイル、ごま油、亜麻仁油等にも、不飽和脂肪酸が入っています。
さらに、「食品の機能性評価モデル事業(消費者庁)」に関する結果報告では、EPA・DHAの高血圧ケア効果について、ネガティブな報告は1件、ポジティブな報告は2件でした。そして「C」というのが総評です。
また、心血管関係の病気の危険性を下げる効果については、ネガティブな報告は2件、ポジティブな報告は6件でした。そして「A」というのが総評です。
高血圧を改善することで、心血管関係の病気(大動脈解離)、脳梗塞、心筋梗塞等を遠ざけることができると言われています。そして、EPA・DHAは心血管関係の病気に対して効くと見られています。
ただし「必ず効く、必ず安全」などと国が保証しているわけではないという事ですね。
高血圧改善効果(DHA・EPA) ポジティブな報告 ネガティブな報告
メタアナリシス/システマティックレビュー 2件  1件
最新のメタアナリシスから先のヒト介入テスト(n>100) 0件 1件
心血管関係の病気の危険性を下げる効果(DHA・EPA) ポジティブな報告 ネガティブな報告
メタアナリシス/システマティックレビュー 6件 2件
引用元:「食品の機能性評価モデル事業(消費者庁)」に関する結果報告の26ページ、29ページ
これら以外の研究からも、EPA・DHAの悪玉コレステロール値や血圧を改善する効果や、生活習慣病を遠ざける効果などが期待できることが明らかになっています。

 

ちなみに、効果に関して一番明らかになっているのは、中性脂肪値を改善する効果であり、医薬品として世に出回っています。

 

高血圧を下げるサプリは医療機関で生活習慣が原因なのかはっきりさせてから使用を

サプリメントや特定保健用食品のお茶でケアできるのは「本態性高血圧」、つまりは「高血圧で、生活習慣病が引き金のもの」です。そして、実は「二次性高血圧」、つまり「高血圧で、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、末端肥大症、慢性糸球体腎炎、クッシング症候群、アルドステロン症等が引き金のもの」には対処できないと言われています。

 

二次性高血圧を招く主な疾患

・腎血管性高血圧(若年女性〜中年女性を中心に発症する線維筋性過形成や、アテローム由来動脈硬化で血管が狭くなったことが原因のアンギオテンシン・レニン系統の亢進症等)
・腎実質性高血圧(慢性糸球体腎炎等)
・甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
・末端肥大症
・褐色細胞腫
・クッシング症候群(ステロイド由来の場合もある)
・アルドステロン症
等が主です。

 

通常の高血圧の他に、上記等の疾患のせいで陥るような高血圧もあるのです。
このような特殊な原因の高血圧の場合は、一回医療機関でしっかり診てもらうようにすることが大事です。普通の高血圧を改善する場合と同じ方法では、このような特殊な高血圧は改善できないケースが多いからです。
それでも大半の高血圧は「本態性高血圧」ですが、「二次性高血圧」である場合も僅かにあるということは理解しておきましょう。
また、いわゆる「上の血圧」が180をオーバーしているならば、即座に医療機関に行きましょう。サプリメントでは不十分である可能性が高いです。二次性高血圧と本態性高血圧では、治し方が違います。

 

「常軌を逸した高血圧」や「若者なのに高血圧になっている」という場合は、一回医療機関に出向くようにしましょう。そして、本態性高血圧と判明したのであれば、高血圧改善サプリメントを使いつつ、運動習慣や食習慣を改善していくようにしましょう。

 

●高血圧を改善するなら、高血圧の引き金を遠ざけることが大事です

 

高血圧の引き金をきちんと遠ざけなければ、高血圧を根源から解消することは不可能です。
以下で、主な高血圧の引き金を挙げていきます。1個でも心当たりがある場合は、すぐに見直すようにしましょう。
1:タバコ
タバコによって、交感神経が活発になれば血圧が上がりやすくなります。また、タールやニコチン等の有害物質が動脈硬化を招くとも言われています。高血圧改善サプリメントを摂取するにしても、タバコを止めなければ意味が薄れてしまいます。
2:塩分の摂り過ぎ
厚生省は「男性1日8グラム以下、女性7グラム以下」と、塩分の目安量を定めました。これは2015年に設けられた基準であり、2010年のものに比べてさらに塩分量が減っています。日本はトップクラスで高血圧で悩む人の割合が多い国であり、それを厚生省が重く見た結果なのでしょう。そして、高血圧を放置しておくと、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、ガンなどを招く事になってしまいます。
例えばラーメンには平均して5〜6グラムの塩分が含まれています(スープを入れて)。そして、味噌ラーメンの場合はもう少し多くなるそうです。具材などの関係上、男性の目安量である8グラムをオーバーしてしまうケースも少なくないようです。
そして、食パンにも塩分は多いですし、練り物(ちくわ等)にも実は多いです。
「この食品に実はこんなに塩分が!」というケースは結構多いです。
3:運動不足
運動しないと、摂取したカロリーが脂肪としてどんどん蓄積されていくことになります。そして、太ってしまえば当然高血圧になりやすくなります。また、発汗しない事も問題です。
ですが、適度に運動すれば高血圧は解消されていくと言われていますので、毎日コツコツ取り組んでいきましょう。
発汗すれば無駄な塩分が追い出せますし、カロリーを使うこともできます。また、筋肉量が増えて基礎代謝がアップすれば、メタボリックシンドロームにも陥りにくくなります。
●減塩を大前提として考えつつ高血圧改善サプリメントを使うのが重要
さて、また塩分についてです。食習慣を正すことで高血圧を解消できれば、降圧治療で医薬品を使うことはなくなるので、その方が大幅に健全です。
そして、高血圧を改善したいのであれば「体内のナトリウムを少なくする」ことが大事です。

つまり、塩分の少ない食生活を送っていくことが大事ということです。
ただ、日本食には塩分がたくさん入って、鍋物、寿司、刺身、そば、うどん等がありますよね。ですから、まずはこの辺りから塩分過多を正していくようにしましょう。単純に「塩を使わない」だけでなく、味噌や醤油等の塩分がたくさん入った調味料に気を付けることも大事です。
そば、うどん、味噌汁を摂取するだけでも塩分を1〜5グラム摂る事になり、男性8グラム・女性7グラムという1日の目安量の半分以上に達してしまう事になる場合も多いです。
ただ、麺類自体にそこまで塩分が含まれているわけではないので「麺類を摂取してもスープは残すようにする」ということが大切になってきます。また、漬物にも乳酸菌等の健康成分が入っていますし、そもそも野菜を食べるという事も重要ですから、全く食べない方が良いというわけではありません。どんな食品もほどほどにしておくことが大事です。
血圧改善サプリメントお勧めランキングはこちら
●塩分を少なくしカリウムを多くすることが重要【高血圧改善サプリメントを使う前に】
塩分を少なくするだけでなく、カリウムを多く摂取するようにすることも大事です。人体のミネラルバランスとして、カリウムとナトリウムは相互関係にあるので、カリウムを摂り込む事で、ナトリウムを追い出す事が可能なのです。
ですから、カリウムが豊富に入った野菜を摂取することでも高血圧を改善することができると言われているのです。「野菜は1日350グラム」というのが目安ですが、それだけ食べることができている方は非常に少ないですよね。
炒めたり煮たりすれば生野菜の状態よりも体積が減るので食べやすくなりますが、それではカリウムの一部が壊れてしまう場合が多いと言われていますので、そこは気を付けましょう。
実際には、とにかく「温野菜や生野菜を積極的に摂るようにする」ということが重要になると思います。そして「可能であれば」350グラムを目指す、という事でとりあえずはOKだと言えるでしょう。
ちなみに、野菜を摂取する折にドレッシング等で塩分を摂ってしまっては意味がないので気を付けましょう。そして、生野菜の方が茹で野菜に比べてカリウムが多く生き残っています。
ですから、高血圧を改善したいのであればやっぱり生野菜が良いです。フルーツ(メロン、ブドウ、リンゴ、バナナ等)にもカリウムは入っていますが、これらのものは糖分が豊富に入っていますから、今度は糖尿病が心配です。ですから、再三言っていますように生野菜を食べるのが一番良いです。
ちなみに、健康茶等からカリウムを摂取することもできますから、生野菜しか選択肢がないというわけではありません。生野菜を食べつつ、サポート役としてカリウム入りの健康茶を飲むというのが一番良いのかもしれませんね。
●高血圧を改善して動脈硬化を遠ざけたり、糖尿病を防いだりする
また、高血圧を招くような食生活を続けていると、血液や血管の状態も悪くなってしまうと言われています。血液や血管の状態が酷くなるとそれだけで高血圧になりやすくなると言われていますし、動脈硬化にも陥りやすくなってしまいます。
ですから、糖尿病や脂質異常症の防止のためにも、血中のコレステロールや中性脂肪、そして糖を少なくしていくことも重要であると言えます。そして、それができれば高血圧も改善していきます。糖分を一気に摂取するようなことは避け、脂っこい食品も食べ過ぎないようにするのが食生活の基本となります。

また、太ってしまう事でも高血圧になりやすくなるので食べ過ぎ自体も駄目です。そして、既に太り気味の方は、食事制限も考えた方が良いかもしれません。
●高血圧を放置するのは危険
脂質異常症・糖尿病・高血圧。これらに陥っても身体が痛くなるようなことはないので、つい放置してしまう傾向にあります。若年層の方は特に気を付けましょう。
高血圧を改善せずに放置しておくと、自覚できないまま段々と動脈硬化がエスカレートしていってしまいます。動脈硬化がエスカレートすると、前触れなく大動脈解離、脳梗塞、心筋梗塞等の疾患に陥ってしまい、最悪のケースではいきなり死んでしまいます。
特に高血圧の他に、悪玉コレステロール値に難があったり、糖尿病だと診断されていたりする場合はもっと気を付けなければなりません。
高血圧学会のガイドラインにも「高血圧で、タンパク尿であり、かつ慢性腎臓病である場合は、血圧は上130下80以下を目指しましょう」という旨の記載があります。
そして、糖尿病の場合も上130下80以下を目指しましょう。
高血圧であり、かつ他の疾患や不具合にも掛かっている場合は、動脈硬化等の疾患に見舞われる危険性が特に高くなるので注意しましょう。
高血圧改善サプリメントお勧めランキングはこちら
●どこからが高血圧なのか?【高血圧改善サプリメントを摂取する前に】
では、どこからが高血圧なのでしょうか。日本高血圧学会のガイドラインを見ていきましょう。ガイドライン上では、
●至適血圧 上120未満 かつ 下80未満
●正常血圧 上120〜129 または/かつ 下80〜84
●正常高値血圧 上130〜139 または/かつ 下85〜89
となっています。
そして高血圧に関しては

●T度高血圧 上140〜159 または/かつ 下90〜99
●U度高血圧 上160〜179 または/かつ 下100〜109
●V度高血圧 上180以上 または/かつ 下110以上
●(孤立性)収縮期高血圧 上140以上 かつ 下90未満
と定義されています。
照らし合わせてみて高血圧の疑いがあるならば、一回は医療機関に行った方が良いと思います。
●漢方薬でも高血圧は改善できます
漢方薬で「高血圧」と「それに付随する不具合」を改善できるものは色々存在します。
特に以下の漢方薬がよく使われています。
七物降下湯(シチモツコウカトウ)
釣藤散(チョウトウサン)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
真武湯(シンブトウ)
大柴胡湯(ダイサイコトウ)
ですが、一般的な医薬品よりはやはり効き目が穏やかなので、医療機関できちんと相談してから使うようにしましょう。例えば、精神的なストレスが高血圧の原因なのであれば、柴胡加竜骨牡蠣湯等が効くと言われています。

●サプリメントではなく医薬品を使った方が良いレベルの高血圧もある
高血圧ですが、当然降圧剤を使った方がサプリメントよりも効果的に改善できます(副作用、コストなどの懸念はありますが)。
高血圧を改善するための医薬品として最も重宝されているのは「カルシウム拮抗薬」です。ただし、心不全の場合は気を付けて使わなければなりません。
次点としては、アンギオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)辺りだと思います。
ただし、アンギオテンシン変換酵素阻害薬には「空咳」の副作用があります(誤嚥性肺炎等を、空咳で防止するために使われる場合もあるようです)。
そして、アンギオテンシンU受容体拮抗薬であれば、空咳等の副作用があまり出ません。そして、薬価はアンギオテンシンU受容体拮抗薬の方が上ですから、メーカー側としてもこちらの宣伝活動に力を入れているようです。
また、高血圧を「利尿剤」で改善させる場合もあります。ただし、サイアザイド系の利尿剤を使うと、糖尿病、低カリウム血症をエスカレートさせたり、尿酸値が高い場合はそれを更に上げてしまったりする恐れがあるので、気を付けて使わなければなりません。また、妊娠期間中の方が使う場合も要注意です。
参考:高血圧治療ガイドライン・エッセンス
高血圧改善サプリメントのお勧めランキングはこちら
●高血圧を改善してくれると言われている成分で特に良いものは?
タウリン(リポビタンDで有名。貝やイカに豊富に入っている)、リグニン(ココアに入っており、食物繊維に近い働きを示す)、ペプチド(大豆等に豊富)、オレウロペイン(オリーブ等に豊富)等に、高血圧を改善する作用があるとネット上等では言われています。
それからフコイダン(昆布等のヌメリ部分)には、高血圧を改善する作用だけでなく、肥満を防止したり、アレルギーを軽減したり、血糖値を上がりにくくさせる作用があると言われており、研究が勧められているようです。
特に海藻は、とろろ昆布、メカブ、ヒジキ、ノリ、昆布、ワカメ、モズク等が存在しますので、手軽に食べられるはずです。
ですが、高血圧改善の分野で一番注目されて研究も進められているのは、やはりオメガ3脂肪酸に分類されるEPAやDHAです(青魚に豊富)。
ことにEPAには血圧をダウンさせる作用があると言われており、サプリメント等でも重宝されている成分です。
食生活の改善だけで高血圧を防止・改善できるのが一番ですが、現代人は多忙ですからそれも難しいと思います。そしてそうなるとやはり、サプリメントで高血圧を改善できるとされている成分を確保するのも有効になってくるはずです。

●サプリメント等でEPAやDHAといったオメガ3脂肪酸を豊富にとって高血圧を改善しよう
有効成分を摂取する事で血液や血管のコンディションを整えて、動脈硬化を遠ざけることが健康を維持する上では大事です。実際、ガイドライン上でも「青魚からEPAやDHAを摂る」ことが勧められています。EPAやDHAは俗に言う「サラサラ成分」ですよね。
EPAやDHAの他には、アリシン(ニンニクに豊富)、ケルセチン(タマネギに豊富)等もサラサラ成分としてよく知られています。
また、高血圧を改善するためには、コレステロール値を改善する効果があると言われている成分を食品やサプリメントから摂取して、血管にこびりついているコレステロール等の脂質を剥がす事も重要であるとされています。
有名なのは、カプサイシン(トウガラシ等に豊富)、セサミン(ごま等に豊富)、レシチン(大豆等に豊富)等です。
●特定保健用食品よりも高血圧を改善してくれるサプリメントが結局は良いでしょう
高血圧を改善してくれるお茶としては、特茶(サントリー)、ヘルシア緑茶、からだすこやか茶等が人気です。
実際継続していけば効くでしょうが、500ミリリットルで150円は超えるのでコスパが悪いです。通販を利用すればまだ良いかもしれませんが、置くスペースを確保するのも一苦労だと思います。
となると、やはりサプリメントの方がお茶に比べて継続しやすいと思います。
ただし、サプリメントを摂取するにしてもお茶を摂取するにしても、食生活において塩分を減らしていき肥満等を防ぐことが大前提となりますので、その事は重々承知しておいて下さい。
●高血圧改善サプリメント・運動・食事で心筋梗塞や脳梗塞を回避する
高血圧に陥る現代人がかなり増えてきています。高齢者の場合は5割以上、20才以上で考えても4割前後は高血圧になっているというデータも存在します。
そして、ガイドライン上では「初期段階では運動や食事で改善していき、その上で薬を使って血圧を改善していく」というのが、高血圧を改善するためのセオリーとなっています。
高血圧になっても普通はすぐには支障は生じません。ですが、高血圧になってしまえば、他の疾患に見舞われる可能性も高いです。「高血圧のままでいる」ということがそれほどに危険だからこそ、降圧剤を用いての治療が実施されているのです。
高血圧だと、腎臓、心臓、血管などへの負荷も大きくなってしまいますし、その負荷は絶えず掛かってしまう事になります。それが原因で動脈硬化に陥ってしまって、出血したり血栓が生じたりしてしまう場合がありますので気を付けましょう。
そして、それどころか心筋梗塞、脳卒中、腎不全、心不全などに襲われてしまう場合もあるので注意してください。

●高血圧気味なのであれば「ナットウキナーゼ含有」のサプリメントで高血圧を改善しよう
高血圧が心配なのであれば、一回医療機関に行って診てもらいましょう。場合によっては、そこで降圧剤等がもらえるはずです。
ただ定期検診等で、高血圧気味(本格的な高血圧症の手前)と診断されるケースも当然少なくありません。
そういった場合は、まずは医薬品ではなくサプリを使うのが良いでしょう。
医療機関に出向かずとも、通販や薬局でその手のサプリメントは簡単に購入できます。
高血圧にダイレクトに効くようなサプリメントはほぼ存在しないでしょうが、血液のドロドロを改善・防止して高血圧を遠ざけてくれる「ナットウキナーゼ」等を含有したサプリメントは多種多様に出回っています。
ただとにかく、高血圧に直接効くわけではないので、即効力が低いということは理解しておきましょう「即効力が無いと駄目」という場合は、医療機関で薬を出してもらうしかないと思います。
そして、サプリメントは勿論医薬品ではないので、保険は適応されません。
ですが、それでも1日単位での摂取量、購入単位等を考えると、医療機関に通うよりも大幅にリーズナブルなはずです。そして「予防」という観点で見れば、サプリメントでも十分です。
サプリ選びでも迷うかもしれませんが、やはり動脈硬化等も防止してくれると言われているDHAや、ナットウキナーゼ等が入ったサプリが良いと思います。「きなり」等は特に良いと思います。リーズナブルなので、誰でも無理なく取り組めるとはずです。
●高血圧が心配な方に売れている「きなり」の購入レビュー
生臭さがほぼゼロで摂取しやすいソフトカプセルでした。まずは、評判通りです。
また、開発秘話も読む事が叶い、管理栄養士やドクターの皆さんの熱意と労力によってきなりが誕生したという事も理解できました。また「さくらの森(販売メーカーです)」の職員さんの顔写真も載っていて、サプリメントへの熱意がそこからもうかがえました。
きなりを摂取しているタレントさんとしては、あき竹城さん等が有名です。きなりの人気さが分かりますね。
→鹿児島産のカツオだけを使用
きなりには、鹿児島県産のフレッシュなカツオ(国産指定原料です)だけが使用されているようです。「海外産でコストを抑える」という手段とは無縁のようです。また、マルハニチロと提携開発されていますので、信頼感がかなり高いと思います。

→きなりの原材料など(の一部を紹介します)
品名:きなり
名称:DHA・EPA配合精製魚油加工食品
原材料:DHA・EPA配合精製魚油、ビタミンB6、クエン酸、ビタミンB2、ビタミンB1、オレンジ香料、ミツロウ、グリセリン、ゼラチン、納豆菌培養抽出液、クリルオイル、粉末水飴、大豆由来ビタミンE配合植物油
内容量:59.52グラム(496ミリグラム×120錠)
賞味期限:購入時点からおよそ2年後でした(枠外の下に載っています)
保存手段:高温多湿・直射日光はNG。気温の低い場所に保存する。
販売元:さくらの森(株)
摂取方法:1日4粒をぬるま湯や水で摂取する
注意点:体質にマッチしないのであれば、量を少なくするか、摂取をストップしつつ、メーカーに連絡する。
常備薬がある、通院中である、授乳・妊娠期間中であるなどの場合は、薬剤師や医者の許可を得てから使う。
食品アレルギーをお持ちの場合は、原材料を確認して、安全を確信してから使う。
→栄養成分表示
エネルギー(4粒1.984グラムに付き):14.01キロカロリー
タンパク質:0.41グラム
脂質:1.28グラム

炭水化物:0.22グラム
ナトリウム:0.33グラム
ビタミンE:16.05ミリグラム
ビタミンB1:20.00ミリグラム
ビタミンB2:11.00ミリグラム
ビタミンB6:3.60ミリグラム
→きなりに関する問い合わせはコールセンターへ
コールセンターにTELやメールで疑問を投げかければ、迅速かつ的確に答えてもらえます。「購入して終わり」では、なくアフターサービスも充実しているのもきなりの魅力です。
詳細の購入経験談はこちら
メールでの定常連絡もありますから、信頼できるメーカー&サプリだと思います。
●「きなり」は高血圧が心配な方に大人気です
「きなり」には業界随一というレベルでDHA・EPAなどが配合されています。実際、きなりを摂取した方からは「高血圧を改善できた」という感想が多く寄せられているようです。
きなりを導入する事で、いつの間にか日々の健康にも気を使うようになり、運動習慣を改善したり、塩分過多に気を付けるようになったりする方も多いのだとか。やはり、高血圧改善の前提は運動や食事ですから、これは素晴らしいことだと思います。
EPAやDHAは現在大人気の成分です。高血圧のみならずコレステロール値等も改善できると言われているのが「きなり」です。
DHAサプリメントの「きなり(さくらの森)」には、EPAやDHAが豊富に入っていますから、血液のドロドロを改善してくれます。青魚からEPA・DHAが摂取できるのですが、現代人の大半は食生活において青魚が大幅に不足しています。
また、乱れた生活習慣(特に食習慣や運動習慣)のせいで、自身の健康状態を心配している方もたくさんいます。そこで、大切になってくるのがEPAやDHAであり、今の日本人が重視すべき成分であると言われているのです。

EPA・DHAは1日1000ミリグラムは摂るべきだと言われており、その内の500ミリグラム程度はサプリメントで摂るのも良いとされています。ただし、500ミリグラム摂取するにも、マグロの刺身(赤身)であっても5人分前後は食べなければならないとされています。
しかし、きなりの場合はこの500ミリグラム分を1日僅か4粒で摂取することが可能です。EPA・DHAサプリメントは多種多様にありますが、きなりには一、二を争うほどにEPAやDHAが多く入っています。
また、きなりはサプリメント自体の質も高いです。抗酸化効果やアンチエイジング効果のあるアスタキサンチンが入っていますから、本来酸化しやすいはずのEPAやDHAを最大限新鮮なままで摂取することが可能です。また、ナットウキナーゼによって、血液のドロドロを防止することもできると言われています。
現在、特別モニター定期便(毎月配送)なら、初回限定で1980円(67パーセント引き)でスタートさせることが可能です。2回目からも3790円(33パーセント引き)なので、かなりリーズナブルだと思います。ちなみに、送料は0円です。
ご注文はこちら↓